Ichimomo official blog
小物用日本刺繍台の張り方 その1



先日ご紹介した


さっそくenoco教室で使っております
おかげさまで大好評です!

a0229917_20322448.jpg

この刺繍台 いち桃の日本刺繍教室では
すこしアレンジした張り方しておりますので
ご紹介いたします

*刺繍台には張り方のプリントが付属されています
また、筥迫工房さんのブログでも張り方が解説されています
筥迫用 刺繍台 注文ページ→





布を張るとこんなかんじになります
a0229917_20324561.jpg
画像上部の白布部分は端ぬい布
下部ピンク布は正絹(刺繍用)です


端ぬい付けしたのには理由がありまして…


enoco教室の課題は、図案全体が比較的小さめ(面積が狭い)です
課題用の「反物の幅×25センチ」の布をそのまま張ると
必ず1辺は 布から糸穴が遠くなります


そうなると かなり長〜い糸を使って張っていくため
時にはもつれたり、時にはからんだり… 扱いがちょっと大変です


それにこの方法ですと すでに1辺が固定されているので
作業もやりやすいし 角の仮止めは2箇所のみで済みます


あと、刺繍台全面に布がある方が
「駒取りぬい」の課題のときに駒が動かしやすいかな
と思いました






刺繍台に張る前の準備

筥迫工房さんの「筥迫用刺繍台」や 本来の日本刺繍台を使ったことがある
ということを前提として説明いたします


【1】「端ぬい付け」をして 刺繍用の布に「端ミシン」をかけます

a0229917_18440666.jpg


a0229917_15551364.jpg
1.5cm折って 端ミシン2列
この2列の間で針の出し入れをします

面倒な場合は折るだけでもよいですが
端ミシンがある方が針の出し入れがやりやすいです
(端ぬい付けのついでにダ〜っと縫っちゃってください)


【2】端ぬい布を折って(上の図参照)
全体の長さが74〜76cmになるようにします
(いち桃の張り方ではこの長さですが
布の伸び具合、巻き具合によって調節してください)



a0229917_20325944.jpg
【3】刺繍台の裏面(糸穴がない面)の1辺に
端ぬい布の端を折った状態で置き
ズレ防止のためにテープ(赤点線の部分)でとめます
*このとき「正絹布」は「刺繍面」が見えています
*教室ではマスキングテープでとめました



a0229917_17211663.jpg
【4】たるみが出ないように枠にくるくる巻いていきます
(1週するごとに布を引っ張ってたるみを取ってください)



a0229917_20523825.jpg
巻き終わりると こんな感じになります



つづく




……………………………………………………………

いち桃の日本刺繍 お稽古 大阪市内に3教室


……………………………………………………………

Japanese embroidery artist
Ichimomo




by chiffon-no6 | 2016-04-07 18:53 | enoco 日本刺繍お稽古
<< enoco教室 4〜6月(20... ついに! 日本刺繍 小物用の刺繍台 >>